エラの悩みはボトックスで解決【手軽に治療できる】

サイトメニュー

自己流は禁止

看護師

原因を特定する

小顔を目的とする美容整形を調べる中でボトックスという方法にたどり着く人も多いことでしょう。美容整形の中でもボトックスは注射を打つだけで体へのストレスも少なく、入院なども必要としません。手軽に受けられて非常に便利な施術方法です。しかしボトックスによって小顔を得られるのは、その悩みがエラによるものであることが前提となります。ボトックスはボツリヌス菌を発達しすぎた筋肉に注射し、ほぐして委縮させる施術方法です。もしも今顔の大きさに悩んでいて、その原因をまだ特定していないのであれば、まずは原因特定から始めることをおすすめします。例えばその悩みの原因が、むくみや脂肪、骨格によるものの場合、ボトックス注射をしても効果を得られない可能性が高いです。リンパマッサージや脂肪吸引など、別の施術方法を試すほうが効果的だと思われます。美容整形外科でカウンセリングなどを行なっているところも多いですので、まずは相談して、原因がエラと判断された場合には最大限の力を発揮するでしょう。事前にその病院の施術実績などは調べておいたほうがいいですが、カウンセリングで不安点や気になることはすべて解決したうえで慎重に施術に踏み出すことをお勧めします。エラにボトックスを施した場合、噛むための筋肉が弛緩するため施術後1時間から2時間ほど食事がしづらくなることがあります。これは個人差があり、まったく大丈夫な人もいますが、噛みづらい症状は時間がたてば徐々に消えていくので心配いりません。また、ボトックスは注射ですので針を刺した箇所に内出血があらわれる可能性が高いです。施術箇所が黄色くなったり、青あざのようになったりするかもしれませんが、これも数日で消えます。これらの症状が出ることでボトックスに失敗したと不安になる人も少なくないのですが、エラが縮む前兆ですので心配はいりません。くれぐれも別の病院へ駈け込んだり、自己流でマッサージなど行ったりしないようにしてください。あと、施術を受けた後その日のうちに入浴もできますが、施術箇所を強くこすったり揉んだりしないようにするのをおすすめします。担当した医師に注意事項を伝えられるはずですので、必ず守ることが大切です。また、ボトックスは永続しません。何度か施術に通う必要があります。効果の持続性は人によって異なり、半年から1年が目安です。半永久的に小顔を保ちたい場合は、根気強く通院を行なう必要があります。1回の施術にかかる時間はそれほど長くありませんので、無理のない範囲で効果を持続させましょう。